スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
あかちゃん はいはい競争
ニューヨークで24日、赤ちゃんの「はいはい競争」が開催され、
お母さんやお父さんの呼び声が飛び交う中、
全長10フィート(約3メートル)のコースを赤ちゃんたちが競争しました。
スタートでちゅよ、よ〜い!


1等賞には、1年分のおしめとトロフィーが授与されました。
やっとゴールしました♪

| あかちゃんニュース | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | -
あかちゃんがマスコット
2008年8月8日午後8時にいよいよ北京五輪が開幕します。

北京五輪のマスコットは「福娃」(fu wa)と呼ばれていて、5種類あります。「娃」は一般的には「娃娃」(wa wa)と二文字つづけて言うことが多く、小さな子ども・あかちゃん・人形というような意味です。

ちなみに卓球の福原愛選手は「福娃娃」(fu wa wa)などと呼ばれたりして中国でも人気者なんですよ。

北京五輪のマスコットの「福娃」(fu wa=福人形というような意味)は「貝貝」(beibei=北)・「晶晶」(jingjing=京)・「歓歓」(huanhuan=歓)・「迎迎」(yingying=迎)・「妮妮」(nini=你) の5種類でこれをつなぐと「北京歓迎你」(bei jing huan ying ni)と「同じ音」となり「北京はあなたを歓迎します」という意味をあらわしているんです。開幕目前なのでこれらのマスコットについて少し説明しますね。

「福娃貝貝」
beibei
「貝貝」(beibei=北)のからだは魚貝類を表わしていて、このことから「水里游」(sui li you=水中で遊泳する)ということで、水泳競技などを表わしています。

中国では愛称などは同じ字を2度使って愛くるしさを表現しています。かつて日本に贈られたパンダの「蘭蘭」(lan lan=ランラン)「康康」(kang kang=カンカン)もそうでしたね。「貝」(bei)は「北」と「同音」であるのでこう名付けられました。

中国ではこうした「同音」を使って表現をすることが一般的に多いんですよ。

「福娃晶晶」
jingjing
「晶晶」(jingjing=京)のからだは「国宝」ともいうべき「大熊猫」(da xiong mao=パンダ)を表わしています。また「晶晶」には「キラキラと輝く」という意味もあります。「晶」(jing)は「京」と「同音」です。

「福娃歓歓」
huanhuan
「歓歓」(huanhuan=歓)のからだは「火炬」(huo ju=たいまつ)を表わしていて、中国人の歓迎の熱情を表しているんです。「歓」(huan)はそのまま歓迎の「歓」です。

「福娃迎迎」
yingying
「迎迎」(yingying=迎)のからだは「国宝」的な珍獣「西蔵」(xi zang=チベット)の「蔵羚羊」(zang yang=チベットカモシカ)を表わし、「地上跑」(di shang pao=地上を走る)ということで陸上競技などを表現しています。「迎」(ying)はそのまま歓迎の「迎」です。

「福娃妮妮」
nini
「妮妮」(nini=你)のからだは「燕子」(yan zi=つばめ)を表わしていて、「天上飛」(tian shang fei=天空を飛ぶ)ということで、跳躍競技等を表わしています。「妮」(ni)は「你」と「同音」です。「你」は「你好」(ni hao=ニィハォ)の「你」です。またつばめの鳴き声を「妮喃」(ni nan)といいます。

赤ちゃんや子供をオリンピックのマスコットに選ぶなんて、中国も愛嬌のある可愛らしい国に思えてきますね。
| あかちゃんニュース | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/1PAGES |


Google Sitemaps