SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ベビーアイテム
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
赤ちゃんのやけど
はいはいを始めた赤ちゃんは一気に行動範囲が広がり、やけどの事故の危険性も一気に高まります。90%のやけどの事故は家庭の中で発生しているとか。親の予防がいかに重要かがわかります。

赤ちゃんは大人のようにそれが「熱い」かどうかわからないので、何でも触って確認します。赤ちゃんにやけどをさせないよう、危険なものの置き場所には細心の注意をはからなければなりません。

暖房器具やアイロン、ホットプレートなどそれ自体が熱いもののみならず、やかんや電気ポット、炊飯器など、熱い蒸気を吹き出すものにも注意が必要です。みそ汁やカップラーメンも熱湯をかぶる恐れがあるので大変危険です。

暖房器具にはガードをつける、炊飯器などは手の届くところに置かない、アイロンは赤ちゃんが起きている時間に使わない、調理中の台所に赤ちゃんを入れないなど、徹底してください。

赤ちゃんの皮膚は非常に薄くて弱く、炊きたてのご飯や熱いお茶の湯気でもやけどをおうことがあるほどです。また少しのやけどですぐに水ぶくれができてしまいます。

軽く見えても見る間に進行しますので、やけどをしたらすぐに流水で20分以上冷やすことが大切です。水を直にかけることができない顔などの場合は、氷水で冷やしたタオルを何度も変えながら、患部を冷やし続けてください。

目、鼻、口、頭部分におったやけどや、手の指や足の指すべてにおったやけど、陰部や肛門部、関節などにやけどをおった場合は、すぐに診察を受けてください。また広範囲のやけど(目安として500円玉以上の大きさ)を赤ちゃんがおった場合にも、すぐに病院で診せてください。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんの鼻水や鼻づまり

赤ちゃんは気管が狭いため、鼻水がつまりやすいのが特徴です。鼻づまりになると呼吸がしにくいのみならず、ミルクを飲むのも困難なので、親が気をつけてまめに鼻水を取ってあげなければなりません。

鼻水が出て鼻がつまっている場合でも、機嫌が悪くなく、睡眠もとれているようでしたら、家庭でひとまず様子を見ましょう。しかし息をするのが辛いように見える場合や、また鼻水の色が黄色や緑がかっている時には、受診をお勧めします。

ミルクを飲むのが辛そう、鼻づまりで眠れない、などの症状も診察を受けましょう。せきや発熱を伴ったり、呼吸が荒くなったりしている時には、診察時間外でも受診した方がいいでしょう。

赤ちゃんの鼻がつまったり、鼻水やくしゃみが出るといった症状は、急性鼻炎の可能性があります。月齢は6ヶ月からかかりやすく、季節は冬に注意が必要です。

乾いた空気の元では細菌やウイルスが繁殖しがちゆえ、空気の乾燥を防ぐことも予防の一つです。粘り気があって色も黄色い鼻水がつまっている場合は、副鼻腔炎かもしれません。

これは蓄膿症とも呼ばれるもので、6ヶ月過ぎてからかかりやすく、主に冬にかかります。鼻の奥にある空洞になっている部分が細菌に感染することによっておこる病気で、かぜをひいた後などに発症することが多いです。

鼻づまりや鼻水のみならず、頭痛の症状が出ることも。抗生物質の投与で大方治まりますが、中耳炎や髄膜炎を引き起こすこともありますので、気をつけてください。

何より赤ちゃんが風邪に感染しないようしてあげると共に、鼻水や鼻くそを取り除き、鼻の中を常に綺麗にして予防してあげてください。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんの誤飲や窒息
赤ちゃんは手にしたものを何でも、なめたり噛んだり口にします。
自然な動作とはいえ誤飲による事故の危険を伴うので、細心の注意が必要です。

まず赤ちゃんの手の届くところに、口に入るサイズの小さなものや危険なものは絶対に置かないよう、部屋を片付けましょう。特に小さな赤ちゃんの口に入りやすい洗剤やアルコールなどの液体は、必ず赤ちゃんの行動範囲外に保管し、扉をロックする部品などを取り付けてください。

香りや色が赤ちゃんを引きつける化粧品の類いにも注意が必要です。
シロップや錠剤の薬も誤って口にすることが多いので、徹底して管理しましょう。赤ちゃんの誤飲ワースト1はたばこです。親が口にしているのを見て、同じように口にしてしまう所以と思われます。

赤ちゃんがいる所でたばこを吸わないのはもちろんのこと、ライターの保管、灰皿の置きっぱなしにも気をつけなければなりません。また見落としがちなのが、吸い殻を入れた空き缶。有害な成分が溶け出した液はたばこそのものの誤飲より危険とも。十分注意してください。

危険物を赤ちゃんから遠ざけるのはもちろんですが、中には赤ちゃんのおもちゃにも誤飲の危険が潜んでいます。クレヨンやシールなどはある程度の年齢になるまで与えないか、誤って口にしないよう目を離さないようにしてください。

誤飲と共に日常の中で気をつけなければいけないのが窒息による事故です。
小さな赤ちゃんは布団に顔を沈んでしまい、鼻や口を覆って窒息してしまったり、首にヒモが巻き付く事故が報告されています。

部屋の中でも布団の周りは特に綺麗に片付け、布団も月齢が小さいうちはあまりふかふかでないものを使用し、また寝間着のひもも外した方が安心と言えるでしょう。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんが誤飲した時の対処法
赤ちゃんの誤飲を発見した時、まずいつ、何を、どのくらい飲んだかを確認することが先決で、それによって対処の仕方を変えなければなりません。

顔色や様子に変化はないかを見つつ、口を開かせ、その中に誤飲したものがまだ残っているようなら取り除きます。その際、指を口の中にそっと入れ、口奥の方は指でさらに異物を押し込む恐れがあるので無理をせず、手前のもののみを取り除くようにしてください。

すでに異物を飲み込んでしまっているようなら、一刻も早く吐かせるべきですが、その際、何を飲み込んだのかに注意が必要です。

例えばピアスや安全ピンなど、のどに刺さる恐れのあるものは、無理に吐かせてはなりません。また酸性の洗剤やシンナーなどは、吐くことで肺やのどを傷つける恐れがあります。誤飲したものを持って、すぐに病院を受診してください。

誤飲した異物が吐かせてもいいものと判明したら、まず赤ちゃんのほっぺたを指で挟んで大きく口を開かせ、舌の付け根を強く指で押して吐かせてください。異物が赤ちゃんののどで詰まっている場合は、強く背中を叩きます。

大人は立て膝の体制をとり、自分の太ももの上に赤ちゃんをうつぶせに寝かせます。その際、赤ちゃんの胸が赤ちゃんの頭よりも高い位置になるようにし、肩甲骨と肩甲骨の間を強く平手で数回叩いて異物を吐かせます。

顔色がすぐれず、息苦しそうに感じる時は、誤飲物が気管に詰まってしまっている危険性もあります。異物が出てこなかったり、体調が吐いた後もおかしい時には必ず病院で診てもらってください。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんのひきつけ対応
赤ちゃんが突然ひきつけやけいれんを起こしても、様子を冷静に見て、すばやくケアすることが重要です。適切なホームケアの後、病院を受診するように心がけてください。

赤ちゃんに嘔吐しそうな気配がある時は、吐瀉物がのどに詰まって気道を塞がないよう、首の後ろ部分にタオルなどをあてがい、顔を横に向けて寝かせて気道を確保します。

その際、刺激を与えないように体を揺すらないようそっとやさしく行い、首もとのボタンなども緩めておきます。吐瀉物は顔や体からきれいにふきとり、赤ちゃんがさらなる吐き気を催さないようしましょう。けいれんも吐き気も落ち着いてから、病院で診せるようにしてください。

熱が出てひきつけを起こす「熱性けいれん」の場合も、慌てて体を揺すったり名前を大声で呼んで刺激を与えたりせず、冷静にけいれんの時間を計ってください。

また左右対称にけいれんが出ているかも確認し、治まった後に麻痺や意識障害がないか観察しましょう。治まってから受診し、けいれんの様子や発熱、嘔吐の有無などを伝えます。

赤ちゃんがひきつけやけいれんを起こした際のホームケアとして大切なことは、まずお母さんが冷静に対処することです。大声をかける、体を揺するなどで刺激を与えることは、けいれんを長引かせることにも繋がります。

また、以前よく言われた「舌を噛まないように割り箸やタオルを口に突っ込む」というのは、逆に危険なので、ケアとして行わないよう注意してください。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんの泣きかた
生後間もない赤ちゃんは、泣くことでお母さんに意思表示します。

例えば「お腹が空いた!」「暑い!」「おむつが濡れた!」などなど、この時期に泣くのは生理的なことに起因します。次第に、泣く事で「抱いて欲しい」や「甘えたい」などの気持ちを表すようになります。

慣れないうちは、何故泣いているのかわからないことが多いでしょう。その際「わからない」と慌てるのではなく、優しく「どうしたの?」と声をかけながら抱いてあげてください。それだけで「気持ちを受け止めてもらえた」と泣き止むこともあるでしょう。

よくいわれる「抱きぐせ」はあまり気にしないで、たくさん抱っこしてあげてください。泣き方や様子で、何が原因で泣いているのかを見分ける目安がいくつかあります。例えば赤ちゃんが泣いている合間に、指など口に触れるものを吸うような動作を見せる時は、「お腹が空いた」の訴えだと思われます。

ぐずりながら、ママの体や布団などに顔をこすりつけるような様子が見られる時は、「眠い」の合図でしょう。そしてどこか「痛い」場合には、とにかく激しく泣きます。おっぱいを与えても泣き止まない時などはどこか痛いことが考えられますので、様子をよく見てあげてください。泣きながら両足が縮まっている場合は「おなかが痛い」可能性があります。

また、「おむつが汚れた」「虫にさされてかゆい」など、何か不快なことがあって泣いている場合、赤ちゃんを裸にして何か異常がないか見つけてください。特に問題が見当たらないのに泣いている場合、何かに驚いたり、不安なことがあったのかもしれません。お母さんがしっかりと抱っこをしてあげることで、不安を解消してあげましょう。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんのインフルエンザ・急性気管支炎

赤ちゃんがインフルエンザにかかった場合、その特徴的な症状としては、高い熱が急に出ることや、激しくせきがでることなどです。

赤ちゃんの場合、6ヶ月以降の月齢よりかかることが多く、また長引くのが特徴です。

ウイルスによって感染し、冬が最もかかりやすい時期です。
ウイルスにはいくつかの種類があり、特にインフルエンザのウイルスは感染力がとても強いといわれています。

風邪のような症状が出て、冬の間に何回もかかってしまうこともあります。

特に抵抗力があまり強くない赤ちゃんの場合、一度インフルエンザにかかってしまうと症状が重くなってしまうことがあります。

合併症として高熱による脳症や肺炎などを引き起こすこともあるので、注意が必要となります。

生後6ヶ月から接種可能なインフルエンザの予防接種を受けるのが、有効な予防法といえるでしょう。
その際、お父さんやお母さんも受けておくと、両親からの赤ちゃんへの感染を防げるでしょう。

赤ちゃんの急性気管支炎について
次に急性気管支炎についてです。せきが出ると共に発熱が3日以上あった場合、急性気管支炎の可能性があります。

これもやはり感染は6ヶ月以降で、季節も冬が最もかかりやすいといえます。

多くの場合、風邪が長引いたその延長で始まり、ほとんどがインフルエンザウイルスやRSウイルスが気管支に感染することに起因します。

炎症が肺近くまで広がってしまうと、細気管支炎となってしまうことがあるので注意が必要です。

食欲が減退し、さらに嘔吐などを伴うときには、まめな水分の補給を心がけて脱水症状に気をつけてください。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんが咳をした時のホームケア
せきがでている赤ちゃんは、よく眠れなかったり、食欲が減退したりしてしまいます。
このような場合、赤ちゃんが呼吸を楽にできるように、ホームケアとして部屋の加湿が有効です。

赤ちゃんを立てに抱き、背中を軽くとんとんと叩いてあげる行為も、呼吸を楽にするための助けとなります。
また、せきの為に、赤ちゃんがなかなか眠れない際には、ホームケアとして、座布団を寝ている赤ちゃんの上半身に敷き、背中を少し上げてやりましょう。

乾いたせきがコンコンと出る時には、部屋の中に洗濯物を干したり、洗面器に湯を入れて置くなどして部屋の空気を湿らせ、湿度をあげるのもいいでしょう。

その際、50-60%になることが有効な湿度と言われています。
加湿器や湿度計があると重宝するでしょう。

このようなホームケアを行ってもせきがなかなか鎮まらない場合には、水分をこまめに与えてあげてください。
脱水症状を予防するのみならず、赤ちゃんののどに起こった炎症を鎮めるのに有効です。
大人でも辛いせきですが、体の小さな赤ちゃんならなお一層のこと。少しのせきでも小さな体にとっては大きな負担となります。

なるべく早くに受診してあげるのがベストですが、その前に、家庭内でできるホームケアで少しでも赤ちゃんを楽にしてあげたいものです。ホームケアの知識があれば、突然のせきにも慌てる事なく対処できるでしょう。

単なるせきと安易にとらえず、風邪をこじらせて大きな病気を引き起こすことのないよう、赤ちゃんをしっかりと健康管理してあげてください。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんのぜんそくや肺炎

赤ちゃんが、たんが絡んだようなせきが長く続く場合、ぜんそく様気管支炎の疑いがあります。

1-2歳の乳児がこの病気にかかりやすく、特になりやすいのは季節の境目といわれています。
多くは風邪が長引くことに起因し、ぜんそくのようなヒューヒューいう呼吸とせきが特徴です。

一回でもかかると気管支がとても敏感になります。症状がさらに悪くならないように、タバコの煙はもとより、ほこりやペットの毛などをこまめに掃除し、清潔な空間を心がけましょう。

湿ったせきが続き、呼吸が困難になるほどの症状が続いた場合、細気管支炎の可能性があります。これは冬の時期に、1歳未満の乳児がかかりやすいといわれています。

風邪のような症状から、RSウイルスにより気管支が炎症を起こすことによって、呼吸が困難になる状態へ急に変化します。

生命に関わってくることもありますので、息をするのが苦しいように感じたら、風邪と言われていても再度診断を受けてください。

続いて、赤ちゃんの肺炎についてですが、これもやはり特徴は、風邪が長引くこと、そして湿ったせきと発熱の症状が出ることです。

冬にかかりやすく、3歳頃までは特にかかりやすいので注意が必要です。

もの言えぬ赤ちゃんは、苦しい時には、ぐずることや泣くことで、親に対して何かの合図を示しているでしょう。
常日頃から子供のことをよく観察して、何かいつもと違う様子を感じたら、すぐに受診するよう心がけてください。

またタバコの煙がぜんそくや肺炎に悪影響を及ぼすのは言うまでもありません。

家の中に喫煙者がいる場合、換気を徹底し、さらに空気清浄機を用いるなどして、赤ちゃんにとって過ごしやすい環境を整えてあげてください。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | -
赤ちゃんのせき
呼吸器官の発達が未熟な赤ちゃんは、せき込む事が多いですが、これは自然なことで、気管や肺などに入った異物を、せきをすることによって体から出そうとするためです。

医者に見せるか否かに関しては、どの程度のせきかを見なければなりません。

もし軽めのせきが続いている程度ならば、家でそのまま様子を見るのがいいでしょう。

しかし時間が経つにつれてせきの具合がひどくなってきたり、また乾いた感じから湿った感じに変わって来た場合は、病院で受診するのが望ましいでしょう。

さらに、せき込みがかなり激しい場合や、ゼーゼー、ヒューヒューという音がする場合、犬が鳴いている声のようなせきを夜中にするといった場合には、診察の時間外であっても、医者に診せるようにしてください。

飲んだミルクをもどしてぐったりとしている場合や、小鼻をひくひくと動かしつつ喘いでいる場合、またせきは治まったのに息を肩でしていたり、息を吸う度に胸がへこみ苦しそうな表情をしている場合なども同様です。

そして、唇や顔の色が紫色に変わってきたり、呼吸困難に陥っている場合には、すぐに救急車を呼ぶようにしてください。

せきの仕方一つでも、症状にはさまざまあります。軽くでるせきならば、それほど深刻なものではないと思われますが、もし何か異変を感じた場合は、早いうちの受診を心がけるようにしてください。

せきのみならず、鼻づまりや鼻水、発熱などが、赤ちゃんが風邪をひいた時にみられる症状です。

特に赤ちゃんが風邪をひきやすいのは、生まれて6ヶ月が経ってから。季節は冬とは限りません。
風邪はそのほとんどが、200種類もあるといわれているウィルスに起因します。

風邪が流行している時には外出をしないようにすること、これが一番の風邪予防法です。また一度風邪をひいても、抗体のできていない他のウィルスに感染することもあるので安心はできません。

JUGEMテーマ:楽しい育児

| あかちゃんの健康 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/2PAGES | >>


Google Sitemaps